個人が住む家探し|住環境が格段に良くなる注文住宅が狙い目|レイアウトも自由自在

住環境が格段に良くなる注文住宅が狙い目|レイアウトも自由自在

一軒家

個人が住む家探し

間取り

ビジネス向きの間取り

都心での一人暮らしの多くはビジネス面での環境を優先させ、交通便や周辺の様々な施設を意識した住居探しが展開されています。福岡でもオフィス街と住宅街がミックスした都心居住も進んでおり、働き盛りのビジネスマンからは資産や、将来活用できる戸建てが注目度を高めています。例えば、福岡の不動産業界ではオフィスとしてや会議室として利用できる戸建てを展開していますが、その特徴は広さがウリのワンルーム仕様です。居住と自宅での作業効率を考えた場合、対応できる空間へリフォームすることもテクニックで、引戸と可動式収納を動かすことで個室が数室作れる魅力があります。ビジネス仕様として全体的に白と黒を基調としていたり、輸入設備でスタイリッシュに仕上げられている戸建ても多い傾向です。シンプルな作りであれば、仕事の都合で留守にする場合に人に貸すことも可能で、福岡のビジネスニーズに特化しています。

ラフさを求める

仕事の都合で福岡を離れる間、ルームシェア風に住める戸建て設計は、福岡の不動産業界でも注目されています。注文住宅などによる設計では、好みのスタイルを足しながら家づくりが行われます。近年、デザイナーズ物件も20代・30代の男女から人気で、一昔前と比べ、シェアできるラフな空間デザインが評価されています。アートやガラス張り、鉄筋むき出しなどの戸建てはゲストから不評となるパターンも本音として挙げられています。ラフな空間として、個室を最小限にし、回遊できる動線の途中に大容量の本棚や収納庫などを設け、広さを全面に活かした間取りが評価されています。ホテルのようなクリーンな水回りにこそガラス張りが採用されるケースがあるものの、ジャンクな要素が少ないのが特徴です。